宇都宮ライトレールは、5月27日に「ライトライン」の1編成目となる車両が宇都宮の車両基地に到着したと発表した。先頭車・中間車・後尾車が車両基地へ搬入され、レールに乗せての連結作業が行われたという。

ライトライン1編成目の車両が宇都宮の車両基地に到着

「ライトライン」の愛称は、トータルデザインコンセプトから「雷都」を取り、「道筋」や「つながり」を表す「ライン」と組み合わせたほか、「(未来への)光の道筋」といったメッセージも込めている。2020年12月から2021年1月まで実施した「車両愛称アンケート」にて、全体の約半数を獲得して最多得票となり、この愛称が採用された。

宇都宮ライトレールの公式Twitterによれば、「ライトライン」の車型は「HU300形」とのこと。同社サイトの事業概要にて、3車体連接の低床式車両(全長約30m、定員約160名)を17編成導入する予定であることも紹介されている。

#新線 #車両新造 #改造 #新型車両 #電車 #路面電車 #LRT


宇都宮ライトレール「ライトライン」(HU300形)1編成目が車両基地に

関連記事

太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”

国土交通大臣の芸備線「安易に廃線しないで」発言、筆者の懸念は

トキ鉄と銚電が姉妹鉄道提携、人事交流やコラボグッズ販売などで協力

【youtube】スマホで入場券+フリーきっぷ+嬉しい特典も!「東武スカイツリー天望回廊付き東武本線乗り放題デジタルきっぷ」

倖田來未も思わず爆睡!鉄道ファンが注目した高級クラス座席のお値段

北陸新幹線福井駅、外観が姿を現す – 8月に駅名標の取付けを実施へ