赤羽一嘉国土交通相は28日の閣議後記者会見で、混雑状況などに応じて鉄道の運賃を変える変動運賃制について「多くの利用者に多大な影響を及ぼす観点から、導入の可否も含めて利用者目線に立って十分な検討を行っていく必要がある」と語った。政府は同日閣議決定した2025年度までの「交通政策基本計画」に、変動運賃制の導入検討を盛り込んだ。

#検討 #国交相 #閣議 #赤羽一嘉


「利用者目線で検討」=鉄道の変動運賃—赤羽国交相

関連記事

JR東日本、東北本線本宮駅リニューアル – 12/18から新駅舎使用開始

南海電鉄「ラピート」土休日ダイヤのみ10/30からすべての運転再開

「第7回鉄道技術展2021」「第4回橋梁・トンネル技術展」11月24日(水)〜11月26日(金)幕張メッセ5〜8ホールにて開催

中国で初となる「デュアル・モード」の鉄道車両がラインオフ—重慶市

【木造駅舎カタログ】釜石線03/82 土沢駅

JR東日本の鉄道で好きな路線ランキング! 3位「東北新幹線」、2位「湘南新宿ライン」、1位は?