赤羽一嘉国土交通相は28日の閣議後記者会見で、混雑状況などに応じて鉄道の運賃を変える変動運賃制について「多くの利用者に多大な影響を及ぼす観点から、導入の可否も含めて利用者目線に立って十分な検討を行っていく必要がある」と語った。政府は同日閣議決定した2025年度までの「交通政策基本計画」に、変動運賃制の導入検討を盛り込んだ。

#検討 #国交相 #閣議 #赤羽一嘉


「利用者目線で検討」=鉄道の変動運賃—赤羽国交相

関連記事

沢口靖子「鉄道捜査官」最新作に“あの定番人物が不在?”異変にザワザワ

沿線住民に「愛されている」路線ランキング! 3位「埼玉高速鉄道線」、2位「北総鉄道北総線」、1位は千葉県の……?

不死鳥「ひのとり」で新幹線に挑む、近畿日本鉄道・名阪特急の歴史がすごい

張吉懐高速鉄道、通電走行テストを開始—中国

山村紅葉はどっちの役?沢口靖子「鉄道捜査官」ファン注目の「意外ポイント」

JR西日本「etSETOra(エトセトラ)」10/2から復路も呉線経由で運行へ