エンゼルスの #大谷翔平 投手(26)が27日(日本時間28日)、敵地アスレチックス戦(同午前10時40分開始)の先発登板を回避し、「2番・DH」でスタメン出場することが決まった。

大谷、捕手スズキが球場に向かうバスに乗っていたが、サンフランシスコとオークランドを結ぶ「ベイブリッジ」で大規模な事故渋滞が起こった。2人は急きょBART(サンフランシスコ・ベイエリア高速鉄道公社)に飛び乗ったが、先発投手としての準備時間に1時間ほど遅れが生じたため、先発登板が28日(同29日)に後ろ倒しされることになったという。

このニュースにBARTの公式ツイッターも反応し「まず、大谷翔平のような野球界のスーパースターをBARTで迎えることができてとても光栄に思います。我々の方では何の問題もありませんでした。オペレーション・コントロール・センター(OCC)に確認したところ、ベイブリッジでの事故の際、球場行きの鉄道に遅延はありませんでした」などと異例のツイート。さらに、追加の投稿で「OCCに電話確認したBARTの従業員も大谷の投球を見に行くためにBARTに乗っていた。非常に残念だった。我々もこのニュースに心を痛めています」とつづった。

#先発 #延期 #声明 #サンフランシスコ


大谷 BART飛び乗るも先発登板延期 鉄道会社も異例の声明「このニュースに心を痛めている」

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も