2020年7月の九州豪雨で被災し、現在も運行休止が続いているくま川鉄道の復興を支援するため、クラウドファンディングを実施。募集期間は5月31日までとなっている。

2020年7月の豪雨で被災し、今も運休が続くくま川鉄道

くま川鉄道は利用者の8割が沿線の高校に通う通学生で、長年にわたり高校生の通学の足として地元に貢献してきた。しかし、豪雨の影響で鉄橋の流失や車両の浸水など、多大な被害を受け、いまなお全線運休となっている。

同社の復興を支援するクラウドファンディング(CF)は、「被災からまもなく1年 ~再び『人吉』に鉄道を~ 『くま川鉄道』復興支援プロジェクト」の名称で、CFサイト「idea market」にて実施。3月24日のプロジェクト開始から約2カ月で、目標金額(200万円)の268%にあたる536万円余りの寄付が寄せられた。

1万円の支援に対する返礼品(限定鉄印帳と鉄印)

支援コースは4種類用意されており、この企画のために特別に制作した「鉄印帳」と、くま川鉄道全14駅の限定「鉄印」を含む1万円のコースが人気を集めているという。集まった資金は、CF手数料・返礼品制作費などを差し引いた上で、くま川鉄道に全額寄付される。寄付の募集は5月31日23時59分まで行われる。

#中小私鉄 #三セク #鉄道災害 #復旧


くま川鉄道の復興を支援するクラウドファンディング、5/31まで募集

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も