南海電気鉄道は、2016年まで汐見橋駅に設置していた観光案内図を踏襲した新たな観光案内図を5月28日から掲出すると発表した。

汐見橋駅に掲出する新しい観光案内図
2016年まで掲出されていた観光案内図

汐見橋駅では地域活性化を目的とした取組みを進めており、2020年度には駅舎外壁に大規模なアート作品を描き、オンラインで完成披露イベントを実施している。今回、駅舎内にも象徴的な作品を掲げ、地域に愛される駅をめざそうとの思いから、新たな観光案内図の掲出を行うこととした。

新しい観光案内図は幅約3.6m×縦約1.6m。汐見橋駅の改札機上部壁面に掲出される。旧観光案内図のテイストを残しつつ、昔とは様変わりした各エリアの表現方法に工夫を加えながら現代風にアレンジした。全体として、「今も昔も変わらない南海沿線の温かさと温もりを表現した」という。

#駅 #南海電鉄


南海電鉄、汐見橋駅に新たな観光案内図を設置 – 現代風にアレンジ

関連記事

沢口靖子「鉄道捜査官」最新作に“あの定番人物が不在?”異変にザワザワ

沿線住民に「愛されている」路線ランキング! 3位「埼玉高速鉄道線」、2位「北総鉄道北総線」、1位は千葉県の……?

不死鳥「ひのとり」で新幹線に挑む、近畿日本鉄道・名阪特急の歴史がすごい

張吉懐高速鉄道、通電走行テストを開始—中国

山村紅葉はどっちの役?沢口靖子「鉄道捜査官」ファン注目の「意外ポイント」

JR西日本「etSETOra(エトセトラ)」10/2から復路も呉線経由で運行へ