大井川鐵道は、お茶の摘み取り体験と6月限定で走行する「みどりのトーマス号」乗車を組み合わせた日帰りツアー「お茶摘み体験&きかんしゃトーマス号の旅」を5月25日に発売した。ツアーは6月12~28日の金・土・日・月曜日に行われる。

「みどりのトーマス号」イメージ

今回のツアーでは、まず新金谷駅11時7分発の普通列車で千頭駅へ移動し、「トーマスフェア」を見学。その後、千頭駅から「みどりのトーマス号」に乗車し、新金谷駅に戻る。続いて各自マイカーで10分ほど移動し、牧之原台地にある「まるとう農園」で茶摘み体験や新茶の天ぷら試食、新茶の試飲など実施。そのまま解散となる。

ツアーのスタート前に、通常は非公開となっている「きかんしゃトーマス号の整備工場」を見学することも可能。なお、茶摘み体験については、雨天時や6月21日以降、お茶詰め放題に変更となる。

千頭駅「トーマスフェア」の様子
牧之原台地の茶畑

旅行代金は大人9,800円、小学生6,500円、1歳から未就学児まで3,700円。定員は各日20名で、2名以上から申込み可能。大井川鐵道公式サイトの申込フォームにて先着順で受け付け、満席になり次第、締切となる。

#大井川鐵道 #子鉄 #鉄道イベント #蒸気機関車


大井川鐵道「お茶摘み体験&きかんしゃトーマス号の旅」6月開催へ

関連記事

JR東日本E4系「サンキュー Max」旅行商品専用列車、盛岡駅乗入れも

鉄道・運輸機構が改革プラン策定、業務改善の取組を加速

凸版印刷、鉄道事業者7社連携によるAIを活用したお客様案内の実証実験に参加

沢口靖子「鉄道捜査官」が3年ぶりに帰ってくる!“SL登場”で気になる展開

「佐賀駅」開業130周年記念!

東急「電車とバスの博物館」B棟を暫定活用したシェアオフィス公開