国鉄が指定したボディカラーのひとつ、ぶどう色2号。

国鉄時代につくられた旧型客車や電気機関車、旧型電車などに採用された茶色のぶどう色2号は、登場当時の117系や、JR西日本の223系の茶色帯などにも引き継がれ、いま関東私鉄でも“復活”している。

「鉄道産業文化遺産の保存と活用」を目的のひとつとして、SL運転を行う東武鉄道は、14系客車 スハフ14-5 を、このぶどう色2号に変更。別の客車も順次、ぶどう色2号に塗り替える。

1編成全車両をぶどう色2号で塗装した編成での運行をめざし、「日光・鬼怒川エリア観光コンテンツのひとつとして、多様な楽しみ方を提案していく」。

また当面は、既存のブルーと茶色の新旧塗装混成編成で、6月19日から営業運転に入る。

いっぽう現在復元作業中の、東武鉄道3機目の蒸気機関車 C11形123号機 が、SLの心臓部であるボイラーの修繕作業が終了し、5月26日に修繕現場のサッパボイラから、南栗橋SL検修庫に搬入。ことし冬の復元を目指し、復元作業を継続していく。

◆グラドル海里、SL大樹 C11 325 と初対面! YouTube東武鉄道チャンネル「鉄分濃いめ」で5/7公開_毎週金曜20時更新中
https://tetsudo-ch.com/11430383.html

◆東武鉄道 C11 325+C11 207 蒸気機関車 重連運転、2機がぴったり息をあわせて走る姿に拍手!
https://tetsudo-ch.com/10984752.html

#国鉄 #東武鉄道 #営業 #時代


東武鉄道 SL大樹 14系客車が国鉄ぶどう色2号に、6/19から混色編成で営業運転

関連記事

訪日メディア「MATCHA」、日・英・繁体字目線で日本文化を発信する特集「映える日本鉄道」を7月26日にリリース

川崎重工、ニューヨーク市交通局向け新型地下鉄電車「R211」を納入

クレーン・ホイストの市場規模、2026年に330億米ドル到達予測

【乗車レポ】京成3100形で印旛車両基地へ……北総車両が集う見学ツアー

秋田県とJR東日本、秋田新幹線新仙岩トンネルを推進 – 覚書を締結

岡山にグランピング施設「せとうちグランピング」瀬戸内の多島美を望む癒しのアウトドア空間