東武鉄道は26日、「鉄道産業文化遺産の保存と活用」を目的のひとつとして実施しているSL運転において、SL全盛期の「昭和レトロ・ノスタルジー」な雰囲気をより味わってもらえるように、14系客車1両(スハフ14-5)を国鉄時代の旧型客車で採用していた当時の塗色「ぶどう色2号」に変更し、6月19日から運転すると発表した。

塗装変更した客車「スハフ14-5」
「SL大樹」

当面は新旧塗装の混成編成での運転となるが、今後は追加で2両を塗装変更し、1編成全車両を「ぶどう色2号」に塗装した編成として運行も計画している。東武鉄道では、日光・鬼怒川エリアにおける観光コンテンツのひとつとして、多様な楽しみ方を提案していくとのこと。

現在、復元作業を行っている蒸気機関車C11形123号機については、蒸気機関車の心臓部であるボイラーの修繕作業が終了し、5月26日に修繕を行ったいたサッパボイラから南栗橋SL検修庫へ搬入された。引き続き、今年冬の復元をめざし、復元作業を継続する。

#観光列車 #客車 #蒸気機関車 #東武鉄道 #国鉄


東武鉄道、14系客車1両(スハフ14-5)を国鉄時代の「ぶどう色2号」に

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も