JR西日本は26日、鉄道の安全管理に関する2019、20年度の第三者評価報告書を発表した。17、18年度に引き続き、「過度な組織防衛的風土」の改善を求められた。第三者評価は05年の福知山線脱線事故を受け、15年度に導入。ノルウェーの第三者認証機関「DNV GL」の日本法人がJR西の社内監査に同行するなどし、国のガイドラインに基づき実施している。

報告書によると、安全が確認できない時に「迷わずに列車を止める・作業を止める」との意識は浸透してきた。一方で、社員からは「相互連携が弱く、部門間の壁が存在する」などの声が聞かれたという。改善された点も多かったが、JR西は「本質的な課題はまだまだ残っている。着実に解消していきたい」(安全推進部)としている。報告書は今回から、2年ごとの発表となった。【高橋昌紀】

#報告書 #JR西日本 #脱線 #事故


JR西に再び「組織防衛的風土」の改善求める 第三者評価報告書

関連記事

「第7回鉄道技術展2021」「第4回橋梁・トンネル技術展」11月24日(水)〜11月26日(金)幕張メッセ5〜8ホールにて開催

中国で初となる「デュアル・モード」の鉄道車両がラインオフ—重慶市

【木造駅舎カタログ】釜石線03/82 土沢駅

JR東日本の鉄道で好きな路線ランキング! 3位「東北新幹線」、2位「湘南新宿ライン」、1位は?

【YouTube】JR北海道、道南いさりび鉄道の五稜郭駅で撮り鉄してみた

ナチス・ドイツ指導者 ヒトラーとドイツ国鉄の「知られざる歴史」をひもとき、独裁国家終焉までの軌道を明らかにする『ナチスと鉄道__共和国の崩壊から独ソ戦、敗亡まで』が発売