滋賀県近江八幡市の八幡山山頂にある村雲御所瑞龍寺門跡の和室に、色とりどりの厚紙で作られたランプ50個がともされ、幻想的な光景が広がっている。30日まで。

新緑の季節に合わせ、麓と山頂を結ぶ八幡山ロープウェーを運営する近江鉄道(彦根市)が「あかり展」を企画。新緑に包まれた山道を歩き寺に入ると、バラやハスの花をイメージしたランプが並ぶ「お花畑」が広がる。コロナ対策として拝観者数の上限を20人に設定し、マスク着用と手指消毒を徹底している。長浜市から訪れた女性(65)は「ひとつひとつの明かりがきれい。見てホッとした」と話していた。拝観料300円が必要。

#バラ #山頂 #彦根市 #対策


バラやハスの花をイメージ、ランプの「お花畑」

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も