滋賀県近江八幡市の八幡山山頂にある村雲御所瑞龍寺門跡の和室に、色とりどりの厚紙で作られたランプ50個がともされ、幻想的な光景が広がっている。30日まで。

新緑の季節に合わせ、麓と山頂を結ぶ八幡山ロープウェーを運営する近江鉄道(彦根市)が「あかり展」を企画。新緑に包まれた山道を歩き寺に入ると、バラやハスの花をイメージしたランプが並ぶ「お花畑」が広がる。コロナ対策として拝観者数の上限を20人に設定し、マスク着用と手指消毒を徹底している。長浜市から訪れた女性(65)は「ひとつひとつの明かりがきれい。見てホッとした」と話していた。拝観料300円が必要。

#バラ #山頂 #彦根市 #対策


バラやハスの花をイメージ、ランプの「お花畑」

関連記事

『2k540』に、老舗国産細巾織物ベルトブランド『PEACH BRAND』1号店 2021年10月23日(土)オープン!

リニア・鉄道館で展示「国鉄バス第1号車」国の重要文化財に指定へ

名鉄2000系の臨時特急「うつみ」「名鉄名古屋」11/23に2往復運転へ

九州鉄道博物館で展示「キハ四二〇五五号気動車」国の重要文化財に

JR九州「36ぷらす3」運行開始1周年、門司港駅でD&S列車“共演”も

京王電鉄5000系「Mt.TAKAO号」ロゴ行先表示を初披露、撮影会を開催