京福電気鉄道はこのほど、帷子ノ辻駅のバリアフリー対応工事が竣工し、嵐電北野線の全10駅でバリアフリー対応が完了したと発表した。

ホーム整備が完了した帷子ノ辻駅
車両との段差を解消した

同社は撮影所前駅の新設によるJR嵯峨野線(山陰本線)太秦駅との乗継利便性の向上をはじめ、北野白梅町駅のリニューアルによる京都市バスとの結節機能の強化、各駅のバリアフリー対応など、嵐電北野線の交通ネットワーク強化と、より安心して利用できる駅施設づくりに取り組んできた。

帷子ノ辻駅では2011年、ホーム間移動の段差解消と乗継ぎの円滑化を図るため、構内踏切設備を整備。今回は車両との段差解消を図るためのホームかさ上げ、ホーム高さの変更に伴うスロープ延長、視覚障がい者誘導用ブロック敷設とホーム補修工事を行い、バリアフリー対応とした。今後は嵐山本線でも、バリアフリー非対応駅のバリアフリー化を順次進める予定としている。

#駅 #中小私鉄 #三セク #路面電車 #LRT


嵐電北野線全10駅がバリアフリー対応に – 帷子ノ辻駅の工事が竣工

関連記事

訪日メディア「MATCHA」、日・英・繁体字目線で日本文化を発信する特集「映える日本鉄道」を7月26日にリリース

川崎重工、ニューヨーク市交通局向け新型地下鉄電車「R211」を納入

クレーン・ホイストの市場規模、2026年に330億米ドル到達予測

【乗車レポ】京成3100形で印旛車両基地へ……北総車両が集う見学ツアー

秋田県とJR東日本、秋田新幹線新仙岩トンネルを推進 – 覚書を締結

岡山にグランピング施設「せとうちグランピング」瀬戸内の多島美を望む癒しのアウトドア空間