JR東日本とJR西日本は、北陸新幹線を活用した荷物輸送サービスを拡大し、市中の店舗などへ配送を開始すると発表した。

北陸新幹線での荷物輸送サービスがさらに拡大される

両社はこれまで、ジェイアール東日本物流と協働で、北陸新幹線で運んだ地域の食産品などを首都圏の駅ナカ店舗や駅構内の催事等で販売する取組みを行ってきた。今回は新たに、新幹線で東京駅まで運んだ鮮魚類をトラックなどに積み替え、首都圏の小売店舗に配送する取組みを始める。

今月は5月26~29日と5月31日の計5日間、金沢駅から東京駅まで鮮魚30箱を北陸新幹線で輸送。東京駅到着後、5月26・31日はイトーヨーカドーの都内一部店舗、5月27~29日は魚力の都内一部店舗へ届ける。荷物の輸送に用いる新幹線は5月29日のみ「はくたか560号」で、その他の日はすべて「かがやき508号」。イトーヨーカドー向けには、6月も月曜と金曜の週2回ずつ鮮魚を届ける予定となっている。

北陸から首都圏店舗への荷物輸送イメージ

両社は今後も北陸新幹線を用いた荷物輸送に取り組み、鮮魚類をはじめとする生鮮食品の定期輸送を推進していくほか、医療品や機械部品、新聞など速達性の求められる物品にも対象を拡大する考えだという。

#新幹線 #JR西日本 #JR東日本 #電車


北陸新幹線の荷物輸送サービスを拡大、市中の店舗などへ配送開始

関連記事

「第7回鉄道技術展2021」「第4回橋梁・トンネル技術展」11月24日(水)〜11月26日(金)幕張メッセ5〜8ホールにて開催

中国で初となる「デュアル・モード」の鉄道車両がラインオフ—重慶市

【木造駅舎カタログ】釜石線03/82 土沢駅

JR東日本の鉄道で好きな路線ランキング! 3位「東北新幹線」、2位「湘南新宿ライン」、1位は?

【YouTube】JR北海道、道南いさりび鉄道の五稜郭駅で撮り鉄してみた

ナチス・ドイツ指導者 ヒトラーとドイツ国鉄の「知られざる歴史」をひもとき、独裁国家終焉までの軌道を明らかにする『ナチスと鉄道__共和国の崩壊から独ソ戦、敗亡まで』が発売