静岡県伊豆市のテーマパーク「修善寺 虹の郷」(シダックスグループ)のアトラクション「ロムニー鉄道」で、人気の蒸気機関車(SL)「カンブリア号」が、2年ぶりに運転を再開した。

カンブリア号は1992年に英国で製造され、2019年3月からボイラー修理に入っていた。もう1両のSL「ノーザン・ロック2号」も昨夏から修理運休しており、ロムニー鉄道ファンから、SL復活が熱望されていた。

カンブリア号は4月に修理が完了。慣らし運転後の今月初めから、雨天を除く週末と祝日に1日3便程度運行している。機関士の #斎藤雅樹 さん(49)は「復活の雄姿をぜひ見に来て」と話している。

ロムニー鉄道は、軌道の幅が新幹線(1435ミリ)の約4分の1の15インチ(381ミリ)しかない小さな規格。英国で現在もこのサイズの鉄道が営業運行する。虹の郷では「本物の鉄道」として、子供から鉄道ファンまで人気となっている。

#SL #製造 #テーマパーク #復活


「本物の鉄道」として人気…英で製造されたSL、テーマパーク内で復活運行

関連記事

太川陽介、“バス旅のプロ”を覆した衝撃の「電車」利用シーンで出たホンネ

京成「まるごと3400形の旅」初代「スカイライナー」の音と走り堪能

鉄道業界に変革起こす?ミライトの5G「実証ラボ」見学会に参加、活用法を探りました【コラム】

くま川鉄道、11月下旬に肥後西村~湯前間運行再開へ – 全線の約7割

相鉄線横浜駅「ガチャの駅 by LaLaLaIST」カプセルトイ自販機108台

中川家・剛 鉄道好きの弟・礼二のためにやらされ続けたこととは…「地獄の週末。跡ついてんねんから」