最近、日本の中国鉄道時刻研究会がSNSで、一目でわかる「中国高速鉄道所要時間マップ」を発表した。レイアウトは中国の「八横八縦」に走る高速鉄道路線を再現し、発表されると瞬く間にネットで人気が出て、ネットユーザーから「いいね!」やコメントがたくさん寄せられた。日本のネットユーザーは、「中国はすごい。いつのまにか全国高速鉄道網を完成させていた!」と驚きの声を上げた。中国新聞網が伝えた。

この一見シンプルなマップから、改革開放スタート以降の中国の破竹の勢いでの発展スピードと驚嘆すべき発展能力がうかがえる。現在、中国の鉄道営業距離は14万6300キロメートルで世界2位、このうち高速鉄道は3万8000キロメートルで世界一だ。時速数十キロメートルの各駅列車から数百キロメートルで走る高速鉄道「復興号」や「和諧号」、さらにはリニアモーターカーや国際定期貨物列車「中欧班列」まで、中国の鉄道は「海外進出」に大きく踏み出し、独自の知的財産権を備えた高速鉄道建設・設備製造技術体系を構築した。

鉄道は国民経済の大動脈であり、経済社会の発展推進を支え、けん引する上で重要な役割を果たす。中国鉄道は交通の難所だった「天険」を「通行ルート」に変え、そのスピードは驚異的だ。今後、大国の「動脈」はさらに発展し前進して、中国経済と世界経済の高速発展をけん引するだろう。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

#中国 #高速鉄道 #中国高速鉄道 #ネットユーザー


日本発「中国高速鉄道所要時間マップ」が中国のスピードを証明—中国メディア

関連記事

沢口靖子「鉄道捜査官」最新作に“あの定番人物が不在?”異変にザワザワ

沿線住民に「愛されている」路線ランキング! 3位「埼玉高速鉄道線」、2位「北総鉄道北総線」、1位は千葉県の……?

不死鳥「ひのとり」で新幹線に挑む、近畿日本鉄道・名阪特急の歴史がすごい

張吉懐高速鉄道、通電走行テストを開始—中国

山村紅葉はどっちの役?沢口靖子「鉄道捜査官」ファン注目の「意外ポイント」

JR西日本「etSETOra(エトセトラ)」10/2から復路も呉線経由で運行へ