日本ベネックスは、創業以来の精密金属加工の技術を生かした電車のメタルクラフトブランド「板金鉄道」を立ち上げ、第1弾として「西武園ゆうえんち 路面電車メタルクラフトモデル」を「西武園ゆうえんち」リニューアルオープンと同時に園内で発売した。

「西武園ゆうえんち 路面電車メタルクラフトモデル」

「板金鉄道」は、創業から63年間、精密金属加工メーカーとして社会のインフラを支えるものづくりに従事してきた日本ベネックスが、「作ること、誰かと共有する喜び」を味わってもらいたいとの思いから生まれた電車のメタルクラフトブランド。厚さ0.5mmの薄いステンレスの板から部品を抜き、曲げ、接合して、実際の工場で行う金属加工と同じように組み立てていく。

最初のモデルは、5月19日にリニューアルオープンを迎えた「西武園ゆうえんち」に設置される路面電車。吊り革や座席シートなど細部にまでこだわり、完成を想像しながらつくることが楽しみになるような商品に仕上げたという。

「西武園ゆうえんち 路面電車メタルクラフトモデル」完成形
細部までこだわった作りに
治具を使って組み立てる

組立て完成サイズは縦203mm×横36mm×高63mm、制作の目安時間は30分程度(個人差がある)。価格は9,600円。「西武園ゆうえんち」のリニューアルオープンと同時に園内で発売したほか、ECサイトでも順次販売予定となっている。

#子鉄 #鉄道模型 #玩具 #西武鉄道 #電車 #路面電車 #LRT


「西武園ゆうえんち 路面電車メタルクラフトモデル」細部にこだわり

関連記事

シベリア抑留者が建設従事の鉄道、複線化工事で受刑者動員…プーチン氏が号令

秩父鉄道、夏休み特別企画でSL入区作業見学ツアー&ダイヤ作成教室

【youtube】フリーきっぷがついてくるホテル!JRイン函館【道南いさりび鉄道開業5 周年記念「いさりび1 日きっぷ」付きプラン】

南海電鉄「すみっコぐらし」コラボ「めでたいでんしゃ」ラッピング

JR東海の職員が講師に – 名古屋でこども向け鉄道イベント、8月開催

中国鉄道事故10年、痕跡消え「報道は一切できない」