西武鉄道は6月5日に開催される「西武・電車フェスタ 2021 in 武蔵丘車両検修場」にて、「としまえん」(2020年8月閉園)のアトラクション「模型列車」が実際に走っていたレールをカットし、「としまえん 模型列車の記念レール」として発売する。

「としまえん」から「西武園ゆうえんち」に移され、「レッツゴー! レオランド」内を走る「レオとライヤの夕日列車」(C)TEZUKA PRODUCTIONS

「模型列車」は米国の開拓時代に走行していた機関車を模した乗り物で、「としまえん」のアトラクションの中でもファミリーに人気が高かった。

全長526mのコースを走る車両には、赤色の車体に青のペイントが特徴の「フラワープリンセス号」、黒とシルバーのシックなデザインが人気の「ウエスタンシルバー号」の2種類があり、約54年間活躍したという。このうち「ウエスタンシルバー号」は、5月19日にグランドオープンを迎えた「西武園ゆうえんち」の「レッツゴー! レオランド」内に場所を移し、装いを新たに「レオとライヤの夕日列車」として走り続けている。

模型列車の記念レール(イメージ)

「としまえん 模型列車の記念レール」は、1m分の重さ15kgのレールを約135gにカットした商品で、台紙が付属し、発売額は2,000円。6月5日に開催される「西武・電車フェスタ 2021 in 武蔵丘車両検修場」会場内で100個発売し、1人1点のみ購入できる。

#子鉄 #鉄道イベント #西武鉄道


「西武・電車フェスタ」で「としまえん」模型列車の記念レール発売

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も