【ニューヨーク時事】米鉄道大手カンザスシティー・サザン鉄道(KCサザン)は21日、カナダ同業のカナディアン・ナショナル鉄道に総額約300億ドル(約3兆3000億円)で身売りすると発表した。KCサザンは米中部からメキシコに至る路線を運営。同社買収により、ナショナルは米加、メキシコの3カ国にまたがる路線網を有する初の鉄道会社となる。
KCサザンをめぐっては、カナダ鉄道大手カナディアン・パシフィック鉄道が3月、250億ドルで買収することでいったんは合意した。その後、加最大手のナショナルがより魅力的な条件を提示し、買収合戦を制した。
〔写真説明〕カナディアン・ナショナル鉄道の貨物列車(同社提供・時事)

#メキシコ #カナダ #ニューヨーク #買収


米加メキシコで路線網=鉄道会社で初—カナディアン・ナショナル

関連記事

太川陽介、“バス旅のプロ”を覆した衝撃の「電車」利用シーンで出たホンネ

京成「まるごと3400形の旅」初代「スカイライナー」の音と走り堪能

鉄道業界に変革起こす?ミライトの5G「実証ラボ」見学会に参加、活用法を探りました【コラム】

くま川鉄道、11月下旬に肥後西村~湯前間運行再開へ – 全線の約7割

相鉄線横浜駅「ガチャの駅 by LaLaLaIST」カプセルトイ自販機108台

中川家・剛 鉄道好きの弟・礼二のためにやらされ続けたこととは…「地獄の週末。跡ついてんねんから」