【ニューヨーク時事】米鉄道大手カンザスシティー・サザン鉄道(KCサザン)は21日、カナダ同業のカナディアン・ナショナル鉄道に総額約300億ドル(約3兆3000億円)で身売りすると発表した。KCサザンは米中部からメキシコに至る路線を運営。同社買収により、ナショナルは米加、メキシコの3カ国にまたがる路線網を有する初の鉄道会社となる。
KCサザンをめぐっては、カナダ鉄道大手カナディアン・パシフィック鉄道が3月、250億ドルで買収することでいったんは合意した。その後、加最大手のナショナルがより魅力的な条件を提示し、買収合戦を制した。
〔写真説明〕カナディアン・ナショナル鉄道の貨物列車(同社提供・時事)

#メキシコ #カナダ #ニューヨーク #買収


米加メキシコで路線網=鉄道会社で初—カナディアン・ナショナル

関連記事

JR西日本、和歌山線粉河~和歌山間で昼間時間帯の一部列車取りやめ

JR西日本ダイヤ改正、新快速&大和路快速は一部区間で運転取りやめ

太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”

国土交通大臣の芸備線「安易に廃線しないで」発言、筆者の懸念は

トキ鉄と銚電が姉妹鉄道提携、人事交流やコラボグッズ販売などで協力

【youtube】スマホで入場券+フリーきっぷ+嬉しい特典も!「東武スカイツリー天望回廊付き東武本線乗り放題デジタルきっぷ」