JR東海は18日、新形式の在来線通勤型電車315系のインテリアデザインと車内設備を発表した。インテリアデザインコンセプトを「優しく安心感のある快適な移動空間」とし、バリアフリー設備の充実、セキュリティの強化、冷房機能の向上、座り心地の向上、快適な車内空間を特徴に挙げた。

315系外観パース図(提供 : JR東海)

新型車両315系は2021年度から順次投入。公開されたインテリアデザインはロングシートの座席配置となっている。全車両に車いすスペース、全編成に車いす対応トイレを設置。優先席を必要とする利用者が安心して乗車できるように、優先席の床面などを色分けし、車いすスペースの床面表示を行うことで、それぞれのスペースを明確にした。

車両床面の高さを低くし、乗降口の車両端部をホーム側に傾斜することで、車両とホームの段差を縮小。カラーユニバーサルデザインに対応したフルカラー液晶ディスプレイの車内表示器も設置し、駅の階段位置や運行情報など視覚的に表示する。セキュリティの強化も図り、車内防犯カメラを1両につき5カ所、非常通話装置を1両につき3カ所設置する。

315系インテリアパース図(提供 : JR東海)
優先席の床面等の色分け(提供 : JR東海)

快適な移動空間を提供するため、冷房能力を約3割向上(211系との比較)したほか、AIによる自動学習・制御最適化機能を国内で初めて導入。315系全車両の温度・湿度・乗車率などの車上データを地上のサーバへ送信し、サーバ内のAIにより最適化した冷房制御を実現する。冷房装置の動作状態を車両から車両基地等へ常時送信し、故障の予兆段階で迅速なメンテナンスを行うことで、未然に故障を防止する。

1人あたりの座席幅は211系と比べて1cm拡大され、腰への負担が少ない理想的な姿勢をサポートする座席形状にするとともに、座席背もたれに窪みを設け、色の濃淡を付けることで座席スペースを明確にした。透明ガラスを上部に採用した大型袖仕切りを座席端部に設置する。

全車両に車いすスペースを設置し、車両とホームの段差も縮小する(提供 : JR東海)

空間の広がりによる開放感を感じられるように、天井を高くし、床面の色を中から外に向かって色を濃くするグラデーションとした。赤外線・紫外線を99%カットする遮熱・遮光ガラスを導入し、これにより車両のカーテンが不要となる。

#新型車両 #車両新造 #改造 #JR東海 #電車


JR東海、新型車両315系はロングシート – 車内・ホームの段差縮小も

関連記事

JR東日本、東北本線本宮駅リニューアル – 12/18から新駅舎使用開始

南海電鉄「ラピート」土休日ダイヤのみ10/30からすべての運転再開

「第7回鉄道技術展2021」「第4回橋梁・トンネル技術展」11月24日(水)〜11月26日(金)幕張メッセ5〜8ホールにて開催

中国で初となる「デュアル・モード」の鉄道車両がラインオフ—重慶市

【木造駅舎カタログ】釜石線03/82 土沢駅

JR東日本の鉄道で好きな路線ランキング! 3位「東北新幹線」、2位「湘南新宿ライン」、1位は?