JR西日本は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて、5月30日に予定していた山陽本線(厚狭~下関間)開業120周年記念列車の運転を取りやめると発表した。

35系客車を牽引するEF65形1124号機(2017年8月の試乗会にて撮影)

この列車は、山陽本線厚狭~下関間の開業120周年を記念し、「トワイライトエクスプレス」と同様のカラーリングを施した電気機関車EF65形1124号機が35系客車を牽引する特別な編成で運行する予定だった。運転取りやめにともない、下関駅で予定していた出発式も中止となる。

同じく5月30日に下関駅前「エキマチ広場」で予定しているイベント「駅コン」は、感染対策を施した上で開催する方針。吹奏楽やバンドの演奏、ハンドメイド品のマルシェやこども向けのゲームなどを行う。

「SLやまぐち号」などに使用される35系客車

「山陽本線 厚狭~下関駅間開業120周年記念乗車券・記念入場券」も予定通り5月27日に発売。埴生駅、小月駅、長府駅、新下関駅、幡生駅、下関駅の記念入場券と下関~厚狭間往復乗車券(B型硬券計8枚)、オリジナル台紙のセットで、価格は1セット3,000円。下関駅の「みどりの窓口」と新下関駅新幹線口、厚狭駅在来線口で販売する。

#JR西日本 #機関車 #客車


JR西日本、山陽本線開業120周年記念列車の運転を取りやめると発表

関連記事

「第7回鉄道技術展2021」「第4回橋梁・トンネル技術展」11月24日(水)〜11月26日(金)幕張メッセ5〜8ホールにて開催

中国で初となる「デュアル・モード」の鉄道車両がラインオフ—重慶市

【木造駅舎カタログ】釜石線03/82 土沢駅

JR東日本の鉄道で好きな路線ランキング! 3位「東北新幹線」、2位「湘南新宿ライン」、1位は?

【YouTube】JR北海道、道南いさりび鉄道の五稜郭駅で撮り鉄してみた

ナチス・ドイツ指導者 ヒトラーとドイツ国鉄の「知られざる歴史」をひもとき、独裁国家終焉までの軌道を明らかにする『ナチスと鉄道__共和国の崩壊から独ソ戦、敗亡まで』が発売