京都鉄道博物館は17日、山陽鉄道(現・山陽本線)神戸~馬関(現・下関)間全通から今年で120周年を迎えることを記念し、山陽鉄道と鉄道の食文化に関する企画展「鉄道と食のいろどり」を5月22日から7月11日まで開催すると発表した。

山陽鉄道全通120周年記念企画展「鉄道と食のいろどり」開催(提供元 : 京都鉄道博物館)

山陽鉄道は1888(明治21)年に設立され、同年11月の兵庫~明石間開通を皮切りに、1901(明治34)年5月27日に神戸~馬関間を全通させた。当時の五大私設鉄道に入る会社であるとともに、食堂車や寝台車などの革新的なサービスを導入し、鉄道における食文化を広げるきっかけもつくった。今回の企画展では、本館2階の常設展示エリアにて、山陽鉄道が始めたサービスと活躍した時代背景を中心に、山陽鉄道のあゆみについて紹介する。

列車内で温かい食べ物を楽しめる食堂車のはじまりは、山陽鉄道が三田尻(現・防府)~京都間を走る最急行列車に連結させた明治にまでさかのぼる。現在まで続く鉄道の食文化について、食堂車と駅弁、地域の名産品を中心に企画展示室で紹介。本館2階の生活と鉄道エリアでは、現在の車内や駅周辺で楽しめる食について、JR西日本・JR四国エリアを中心に紹介する。

山陽鉄道 食堂車の車内(提供元 : 京都鉄道博物館)
下関停車場と山陽ホテルの絵葉書(提供元 : 京都鉄道博物館)
食堂車のオシ16形客車模型(提供元 : 京都鉄道博物館)

関連イベントとして、企画展の開催期間中に観光列車のロゴマークのスタンプを集めるスタンプラリー、観光列車2種(現役車両)の特別展示、企画展のテーマにあわせた講演会、レストランでの特別メニューの提供、関連グッズ販売も計画されている。

#鉄道博物館 #JR西日本 #子鉄 #鉄道イベント


京都鉄道博物館、山陽鉄道全通120周年の企画展 – 列車の展示も予定

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も