わずか9年間運行されただけで廃止された通称「大仏鉄道」の廃線跡がひそかに人気を集めている。このうち、旧大仏駅跡に設けられた奈良市の大仏鉄道記念公園には、動輪のモニュメントが置かれ、地域の憩いの場にもなっている。
大仏鉄道は、東大寺大仏殿への観光客輸送などを目的に、関西鉄道大仏線として1898年に運行開始。加茂駅(京都府木津川市)と奈良駅(奈良市)を結んだが、勾配が急な区間があり、違うルートの鉄道網も整備されたため、1907年に廃止された。橋脚跡などに案内板が設置され、訪れる人も増えているという。
記念公園の近くに住む男性は「廃止はしかたなかったと思うが、ここに鉄道があった歴史は多くの人に知ってほしい」と話していた。

#奈良市 #廃線 #大仏 #公園


運行わずか9年の廃線跡が人気=奈良市など〔地域〕

関連記事

近鉄の名阪特急「ひのとり」大阪・名古屋から伊勢志摩方面へ乗入れ

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両に活用された伝統産業素材を販売へ

クックパッド、鉄道各社と連携して「きらきらマルシェ」を開催。第1弾はみなとみらい駅に40事業者が集合

JR東海N700S、グッドデザイン賞 – N700Sグリーン車用シートも受賞

日立の台鉄向け特急車両「EMU3000」グッドデザイン・ベスト100受賞

JR西日本「WEST EXPRESS 銀河」グッドデザイン・ベスト100など受賞