東京メトロは、千代田線北綾瀬駅の太陽光発電システムを増設し、5月16日から稼働すると発表した。同社はこれまで、東西線・丸ノ内線など計11駅に太陽光発電システムを設置しており、北綾瀬駅でも2008年9月より太陽光発電を実施している。

北綾瀬駅のホーム屋根上に設置した太陽光発電システム
太陽光発電システムを導入している東京メトロの駅一覧

今回、北綾瀬駅ホームの屋根上に最大出力12kWの太陽光発電システムを増設し、既設分と合わせて最大出力32kWの発電能力を持たせるという。

北綾瀬駅に設置した既存の太陽光発電システムは、ホームの延伸工事に伴い稼働を停止していたが、増設分と合わせて5月16日に再稼働する。既設分・増設分合わせて年間13.6トンのCO2排出削減効果を見込んでいる。太陽光発電システムを設置している11駅のCO2排出量削減効果は年間約584.8トンになるという。

#駅 #東京メトロ


東京メトロ千代田線北綾瀬駅の太陽光発電システムを増設、5/16稼働

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も