東京メトロは、千代田線北綾瀬駅の太陽光発電システムを増設し、5月16日から稼働すると発表した。同社はこれまで、東西線・丸ノ内線など計11駅に太陽光発電システムを設置しており、北綾瀬駅でも2008年9月より太陽光発電を実施している。

北綾瀬駅のホーム屋根上に設置した太陽光発電システム
太陽光発電システムを導入している東京メトロの駅一覧

今回、北綾瀬駅ホームの屋根上に最大出力12kWの太陽光発電システムを増設し、既設分と合わせて最大出力32kWの発電能力を持たせるという。

北綾瀬駅に設置した既存の太陽光発電システムは、ホームの延伸工事に伴い稼働を停止していたが、増設分と合わせて5月16日に再稼働する。既設分・増設分合わせて年間13.6トンのCO2排出削減効果を見込んでいる。太陽光発電システムを設置している11駅のCO2排出量削減効果は年間約584.8トンになるという。

#駅 #東京メトロ


東京メトロ千代田線北綾瀬駅の太陽光発電システムを増設、5/16稼働

関連記事

航空、鉄道、自動車: 欧州の運輸セクターはどのように温室効果ガスの排出量を抑制しているのか?

日本旅行と秩父鉄道、電気機関車・客車で夜行急行「三峰53号」の旅

JR大阪環状線にラッピング車両も – 西九州新幹線1年前キャンペーン

「東武鉄道 運転シミュレータールーム」宿泊プラン予約受付開始へ

小田急電鉄、こども向け「1日全線フリー乗車券」4日間のみ100円に

鉄道シミュレーター、泊まりがけで──浅草東武ホテルが宿泊プラン 1泊4万円