神戸電鉄と神戸市は、駅舎と駅周辺の遊休地を活用し、地域のにぎわい創出につながる事業を行う法人・個人を募る「 #駅活チャレンジャー」募集を始めると発表した。

2021年度末供用開始予定の有馬線花山駅新駅舎周辺イメージ

#駅活チャレンジャー」募集は、神戸電鉄と神戸市が取り組む参加型まちづくり「 #駅活 ~Challenge~」(えきかつチャレンジ)の一環として行う。応募者とともに駅周辺に新たな価値やにぎわいを創出し、身近な駅を日常の通過点から「ここへ訪れたいと思える目的地」へと変化させることをめざす。

対象となる駅は、有馬線・三田線・粟生線の計20駅。神戸電鉄の駅と駅周辺の未活用地などを活用し、地域のにぎわい創出や駅の地域拠点化につながる事業を一定期間継続して行う意思や能力がある法人または個人を募集する。神鉄沿線モヨウガエ公式サイトに、公募の詳細な情報や募集要項、対象駅の基礎データ資料、専用応募フォームへのリンクなどを掲載している。

#神戸電鉄 #駅


神戸電鉄、駅舎と駅周辺のにぎわい創出事業を行う法人・個人を募集

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も