JR四国は、予土線で運行中の初代新幹線0系をイメージした「鉄道ホビートレイン」が予讃線新居浜~伊予西条間で特別運行する団体ツアー「鉄道ホビートレイン特別運行ツアー」を5月17日10時に発売すると発表した。

「鉄道ホビートレイン特別運行ツアー」は、「予讃線高松駅(伊予土居駅)~伊予西条駅が大正10年(1921年)6月21日に開通して100周年」を迎えることと、「新居浜駅、伊予西条駅開業100周年」を記念し、6月19・20日の2日間、新幹線生みの親である十河信二氏ゆかりの地で「鉄道ホビートレイン」を特別運行する。

新居浜駅を発着する「新居浜1号コース」(9時20分発)、「新居浜3号コース」(12時0分発)、「新居浜5号コース」(14時20分発)、「新居浜7号コース」(15時20分発)と、伊予西条駅を発着する「西条2号コース」(9時57分発)、「西条4号コース」(13時36分発)、「西条6号コース」(14時53分発)の7コースを設定。6月19日は7つすべてのコース、6月20日は「西条6号コース」「新居浜7号コース」を除く5つのコースが運行される。

各コースとも、新居浜~伊予西条間の片道で「鉄道ホビートレイン」に乗車し、解散後に特急列車の普通車自由席で出発駅に戻る日帰りの行程となる。「予讃線高松駅(伊予土居駅)~伊予西条駅開通100周年記念入場券」をはじめ、新居浜駅および伊予西条駅隣接の観光物産協会で使用できる商品券、四国鉄道文化館入場引換券が特典として付属する。

旅行代金は大人3,500円・こども3,000円。JR四国のワープ支店・駅ワーププラザ・JR四国ツアーウェブサイトにて、5月17日10時に発売される。四国各地から乗車できる追加プラン(別途料金要)や、新居浜市・西条市での観光プラン(別途料金要)も用意されている。

また、ツアー特典となっている「予讃線高松駅(伊予土居駅)~伊予西条駅開通100周年記念入場券」は、6月19日10時から新居浜駅、伊予西条駅、JR四国ツアーウェブサイトにて850円で発売。販売期間は2022年3月31日までだが、発売数の1,100セット(ツアー特典分も含む)が売り切れ次第、終了となる。

#JR四国 #観光列車 #気動車 #子鉄 #鉄道イベント


JR四国、予讃線で「鉄道ホビートレイン」を特別運行するツアー開催

関連記事

JR東日本、東北本線本宮駅リニューアル – 12/18から新駅舎使用開始

南海電鉄「ラピート」土休日ダイヤのみ10/30からすべての運転再開

「第7回鉄道技術展2021」「第4回橋梁・トンネル技術展」11月24日(水)〜11月26日(金)幕張メッセ5〜8ホールにて開催

中国で初となる「デュアル・モード」の鉄道車両がラインオフ—重慶市

【木造駅舎カタログ】釜石線03/82 土沢駅

JR東日本の鉄道で好きな路線ランキング! 3位「東北新幹線」、2位「湘南新宿ライン」、1位は?