のと鉄道(石川県)は2021年5月14日、春の七尾線を走る「のと里山里海号」の1分30秒ほどのPVを公開した。YouTube「のと鉄道チャンネル【公式】」で視聴できる。

のと鉄道 七尾線は石川県の七尾駅〜穴水駅間(33.1km)を結ぶ風光明媚なローカル線。青い水面の七尾湾、菜の花畑に田園など、のんびりとした景色の中を気動車が駆けていく。

PVは女性の二人旅を追う形で展開し、「のと里山里海号」の日本海を表現した外観や、能登の工芸品を配置した和風にして煌びやかな内装、沿線風景をアテンダントが案内する様子、特製のお弁当などが紹介されている。途中停車する能登中島駅で沿線特区産品を味わったり、のと鉄道職員手作りのトンネルイルミネーションを楽しむ様子も。

観光列車「のと里山里海号」は普通列車運賃と乗車整理券(500円)で乗車できる、気軽に乗れる観光列車だ。もちろん飲食プランを追加で注文することもできるため、グレードの高い旅行にも対応できる。運行情報や予約詳細などはのと鉄道ウェブサイトでご確認を。

アニメファンには急ぐ理由も?

のと鉄道によれば、2013年3月より運行していた「花咲くいろは Home Sweet Home ラッピング車両」(NT202)がラッピングの経年劣化に伴い2021年5月23日に運行を終了するそうだ。見に行くチャンスは来週末までとなる。なお、「花咲くいろは ラッピング車両」(NT204)はこの後も引き続き運行する予定。

鉄道チャンネル編集部
(※画像提供:のと鉄道)

#里山 #完成 #YouTube #チャンネル


「のと里山里海号」のPV完成、七尾湾沿いの美しい春景色を見て

関連記事

「阪急レールウェイフェスティバル2021 ONLINE」を開催! 〜当社初のオンライン鉄道イベントをご自宅等でお楽しみください〜

JR東日本、宇都宮線・日光線に新型車両E131系 – 2022年春頃投入へ

鉄道博物館、東北新幹線39周年でイベント – 200系の連結部公開など

りんかい線、天王洲アイル駅1・2番線にホームドア – 6/20運用開始

JR東日本、相模線に新型車両E131系 – 4両編成、2021年秋頃から投入

SL運行日には多くの鉄道ファンが集う篠目駅(山口線)と楚原駅(三岐鉄道)へ!「鉄道ポスターの旅」(旅チャンネル)