滋賀県信楽町(現甲賀市)で1991年5月、信楽高原鉄道(SKR)とJR西日本の列車が正面衝突し、42人が死亡した事故は、14日で発生から30年となった。現場近くの慰霊碑前では同日午前、追悼法要が行われた。
法要には遺族のほか、SKRの正木仙治郎社長、JR西の長谷川一明社長らが参列した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、昨年と同様に参列者を限定し、時間も短縮。両社長による追悼の言葉は、読み上げず慰霊碑の前に供えた。
正木社長は「安全最優先の運行方針の下、地域に貢献できるよう努力を重ねる」と強調。長谷川社長は「安心、信頼して利用される鉄道を築き上げる」と誓った。
〔写真説明〕信楽高原鉄道事故から30年となり、現場近くの慰霊碑前で行われた追悼法要=14日午前、滋賀県甲賀市(代表撮影)

#追悼 #事故 #犠牲者 #法要


犠牲者42人を追悼=信楽鉄道事故30年—滋賀

関連記事

「阪急レールウェイフェスティバル2021 ONLINE」を開催! 〜当社初のオンライン鉄道イベントをご自宅等でお楽しみください〜

JR東日本、宇都宮線・日光線に新型車両E131系 – 2022年春頃投入へ

鉄道博物館、東北新幹線39周年でイベント – 200系の連結部公開など

りんかい線、天王洲アイル駅1・2番線にホームドア – 6/20運用開始

JR東日本、相模線に新型車両E131系 – 4両編成、2021年秋頃から投入

SL運行日には多くの鉄道ファンが集う篠目駅(山口線)と楚原駅(三岐鉄道)へ!「鉄道ポスターの旅」(旅チャンネル)