西武鉄道と西武園ゆうえんちは、5月19日に西武園ゆうえんちがグランドオープンすることを記念し、1960年代の西武電車をイメージしたラッピング電車を山口線(レオライナー)で5月15日から運行すると発表した。

ラッピング電車のイメージ
1960年代の西武電車カラーのイメージ

ラッピング電車は1960年代をイメージした町並みを再現する西武園ゆうえんちのコンセプトに合わせ、1960年代に西武線を走っていた電車のツートンカラーを山口線の車両8500系(1編成)にラッピングして再現。当面運行される予定となっており、最寄り駅となる西武園ゆうえんち駅までの行程から当時の雰囲気を演出する。

#電車 #西武鉄道 #新交通システム


西武鉄道、山口線で1960年代のカラー再現したラッピング電車を運行

関連記事

「阪急レールウェイフェスティバル2021 ONLINE」を開催! 〜当社初のオンライン鉄道イベントをご自宅等でお楽しみください〜

JR東日本、宇都宮線・日光線に新型車両E131系 – 2022年春頃投入へ

鉄道博物館、東北新幹線39周年でイベント – 200系の連結部公開など

りんかい線、天王洲アイル駅1・2番線にホームドア – 6/20運用開始

JR東日本、相模線に新型車両E131系 – 4両編成、2021年秋頃から投入

SL運行日には多くの鉄道ファンが集う篠目駅(山口線)と楚原駅(三岐鉄道)へ!「鉄道ポスターの旅」(旅チャンネル)