愛知県設楽町の道の駅「したら」が13日にオープンするのに先立ち、報道関係者向けの内覧会が行われた。敷地内には食堂や物販エリア、地元酒造メーカーの酒造り体験施設、郷土博物館が設けられたほか、廃線となった鉄道の木製車両が展示されている。同町内で道の駅の開業は3カ所目。
食堂では、地元産の野菜、魚のほか、野生鳥獣の食肉「ジビエ」を使ったメニューを味わえる。酒造り体験施設は、廃校となった学校の資材を再利用し、理科室をイメージ。日本酒や甘酒づくりを体験できる。
博物館は、町内に生息する動物のはく製、歴史・生活史料などを展示。屋外に展示された木製車両は、1968年に廃線となった旧豊橋鉄道田口線の「モハ14型」で、博物館の展示物とともに、町の中心部から移設された。

#道の駅 #博物館 #廃線 #車両


道の駅「したら」オープンへ=愛知県設楽町〔地域〕

関連記事

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両に活用された伝統産業素材を販売へ

クックパッド、鉄道各社と連携して「きらきらマルシェ」を開催。第1弾はみなとみらい駅に40事業者が集合

JR東海N700S、グッドデザイン賞 – N700Sグリーン車用シートも受賞

日立の台鉄向け特急車両「EMU3000」グッドデザイン・ベスト100受賞

JR西日本「WEST EXPRESS 銀河」グッドデザイン・ベスト100など受賞

福井鉄道200形を現役時代の姿に 越前市がふるさと納税活用のクラウドファンディング