愛知県設楽町の道の駅「したら」が13日にオープンするのに先立ち、報道関係者向けの内覧会が行われた。敷地内には食堂や物販エリア、地元酒造メーカーの酒造り体験施設、郷土博物館が設けられたほか、廃線となった鉄道の木製車両が展示されている。同町内で道の駅の開業は3カ所目。
食堂では、地元産の野菜、魚のほか、野生鳥獣の食肉「ジビエ」を使ったメニューを味わえる。酒造り体験施設は、廃校となった学校の資材を再利用し、理科室をイメージ。日本酒や甘酒づくりを体験できる。
博物館は、町内に生息する動物のはく製、歴史・生活史料などを展示。屋外に展示された木製車両は、1968年に廃線となった旧豊橋鉄道田口線の「モハ14型」で、博物館の展示物とともに、町の中心部から移設された。

#道の駅 #博物館 #廃線 #車両


道の駅「したら」オープンへ=愛知県設楽町〔地域〕

関連記事

「阪急レールウェイフェスティバル2021 ONLINE」を開催! 〜当社初のオンライン鉄道イベントをご自宅等でお楽しみください〜

JR東日本、宇都宮線・日光線に新型車両E131系 – 2022年春頃投入へ

鉄道博物館、東北新幹線39周年でイベント – 200系の連結部公開など

りんかい線、天王洲アイル駅1・2番線にホームドア – 6/20運用開始

JR東日本、相模線に新型車両E131系 – 4両編成、2021年秋頃から投入

SL運行日には多くの鉄道ファンが集う篠目駅(山口線)と楚原駅(三岐鉄道)へ!「鉄道ポスターの旅」(旅チャンネル)