JR東日本とジェイアール東日本企画は、新宿駅東西自由通路に設置した空間演出型媒体での広告と環境演出の放映を5月10日から開始したと発表した。

環境演出放映時の様子
広告放映時の様子
「新宿ウォール456」(環境演出放映時)
「新宿ウォール456」(広告放映時)
「J・ADビジョン新宿駅東西自由通路」

国内最大規模となる長さ45.6mの超大型LEDビジョン「新宿ウォール456(ヨンゴーロク)」と、音声出力もできる縦型の柱サイネージ「J・ADビジョン新宿駅東西自由通路」を用いることで、映像と音による空間全体の演出が可能に。広告枠は3分ロール放映で、初回はパナソニック「ナノイーX」の訴求広告を5月16日24時まで放映する。

両媒体とも30分に1度、環境演出放映を実施。デジタルアート集団のモーメントファクトリー社を起用し、光・音・映像を連動させる媒体の特徴を生かした空間演出を行う。

#駅 #JR東日本


JR東日本、新宿駅東西自由通路に全長45.6m「新宿ウォール456」設置

関連記事

『2k540』に、老舗国産細巾織物ベルトブランド『PEACH BRAND』1号店 2021年10月23日(土)オープン!

リニア・鉄道館で展示「国鉄バス第1号車」国の重要文化財に指定へ

名鉄2000系の臨時特急「うつみ」「名鉄名古屋」11/23に2往復運転へ

九州鉄道博物館で展示「キハ四二〇五五号気動車」国の重要文化財に

JR九州「36ぷらす3」運行開始1周年、門司港駅でD&S列車“共演”も

京王電鉄5000系「Mt.TAKAO号」ロゴ行先表示を初披露、撮影会を開催