JR東日本とOpenStreetは、駅と地域の間の移動を拡充することを目的に資本業務提携を行うと発表した。OpenStreetが実施する第三者割当増資による新株発行をJR東日本が引き受ける方式で行う。

JR東日本とシェアサイクルのOpenStreetが業務提携

今回の資本業務提携により、顧客接点である駅・駅ビルと1,200万人以上の「JRE POINT」会員基盤を有するJR東日本グループと、国内最大級のシェアサイクルプラットフォームを展開するOpenStreetの双方の強みを掛け合わせ、駅と地域間の移動機能を拡充させることをめざす。

具体的な協業内容は、駅ビル等へのシェアサイクルステーション拠点の拡充と、「JRE POINT」などとの連携。鉄道とシェアサイクルを連携することで、街の回遊性向上につなげる。シェアサイクル利用で「JRE POINT」が貯まる取組みも始める。JR東日本の都市型MaaSアプリ「Ringo Pass」と、OpenStreetが提供するシェアサイクルの連携についても準備を進める。

#JR東日本


JR東日本、駅と地域の間の移動拡充を目的にOpenStreetと業務提携へ

関連記事

訪日メディア「MATCHA」、日・英・繁体字目線で日本文化を発信する特集「映える日本鉄道」を7月26日にリリース

川崎重工、ニューヨーク市交通局向け新型地下鉄電車「R211」を納入

クレーン・ホイストの市場規模、2026年に330億米ドル到達予測

【乗車レポ】京成3100形で印旛車両基地へ……北総車両が集う見学ツアー

秋田県とJR東日本、秋田新幹線新仙岩トンネルを推進 – 覚書を締結

岡山にグランピング施設「せとうちグランピング」瀬戸内の多島美を望む癒しのアウトドア空間