5月5日の「水バラ」(テレビ東京系)で「ローカル路線バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」の最新回第8弾が放送され、 #太川陽介 の新たな秘密が明らかになり、バス旅ファンから驚きの声が上がっている。

新たな秘密は「太川は負けた回は観ない」。

番組の最後、太川チームの勝利が決まり、相手チームの #とにかく明るい安村 から「(がんばったんで)絶対見てください、オンエア」と言われると、太川は「勝ったんだから観る」と話した。すると村井美樹が「負けた時は観ないんですか?」と聞き、太川は「観ない」と明かしたのだ。

「最近は太川のミスで負けることがほとんど。観ると悔しくてたまらないようです」(テレビ誌ライター)

ただ、この衝撃の告白には疑問の声も出ている。この回、太川は新たな姿勢で旅に望んだ。これまでの放送で自分がメンバーにきつく当たっているのを観て、反省したのだという。厳しくやって負けたので、今回は余裕をもって旅をしたと話している。太川たちバスチームは前回、前々回と2連敗しているため、もし本当に「負けたら観ない」のであれば、この2回は観ていないことになり、反省にはつながらないはずだ。

「今回、太川が歩いていると番組のドローン撮影チームと遭遇。すると『ドローン、いつもいいカット撮れているよ』とねぎらいの声をかけたんです。ドローンが導入されたのは最近なので、やはり負けた2回は観ていると思われます。『負けたら観ない』と言ったほうが面白いのでそうしただけで、実際は観ているのではないでしょうか」(前出・テレビ誌ライター)

もし本当に観ていないのであれば、太川は相当負けず嫌いということになる。それはそれで太川らしいが、真相はどうだろうか。

#太川陽介 #路線バス #ウソ


太川陽介「路線バスvs鉄道乗り継ぎ対決」で発覚した”ウソ疑惑”!

関連記事

日立の台鉄向け特急車両「EMU3000」グッドデザイン・ベスト100受賞

JR西日本「WEST EXPRESS 銀河」グッドデザイン・ベスト100など受賞

福井鉄道200形を現役時代の姿に 越前市がふるさと納税活用のクラウドファンディング

なにが独裁国家を崩壊させたのか? 「鉄道」を切り口に読み解く、ヒトラー独裁体制下のドイツ国鉄の物語『ナチスと鉄道__共和国の崩壊から独ソ戦、敗亡まで』が発売!

【木造駅舎カタログ】釜石線02/81 遠野駅2

「養老鉄道御朱印巡り」を実施します!