東芝インフラシステムズは10日、東芝エレクトロニクス台湾(東芝台湾)経由で台湾高速鉄道の変電所・駅などの電気設備機器の更新設備や設置工事を受注し、2022年度上期から順次、納入を行うと発表した。

台湾高速鉄道700T型

台湾高速鉄道は、台北~高雄間(350km)を最速約1時間半で結ぶ鉄道として、2007年1月に営業運転を開始。今回、左営~嘉義間(93.6km)7カ所の変電所の監視制御を行う配電盤と駅・車両基地の遠隔制御装置の製造、設置と切替工事を受注した。

製造は東芝インフラシステムズの府中事業所を中心に行われる。設置や切替は、既設配電盤の稼働を維持しながら切り替えていく難易度の高い作業を含むが、国内外での豊富な経験を生かして品質と工程を守りながら安全に取り組んでいくとしている。

東芝インフラシステムズは、2000年に日本企業連合が受注した台湾高速鉄道プロジェクトにおいて、車両電気品や変電システム、運行管理システム、通信システム、保守管理システムなどを担当。また、台湾高速鉄道開業以来、これら納入設備やシステムのメンテナンスサービスを東芝台湾と共同で行ってきた。

台湾高速鉄道変電所向け配電盤

今回は、これまでの納入実績やサービスの提供による設備・システムの長期的かつ安定維持への貢献が高く評価され、受注につながったとしている。東芝インフラシステムズは、台湾において高速鉄道以外にも、台湾鉄路管理局の通勤電車向け電気品を納入するなど、豊富な実績があるとのこと。台湾を海外鉄道事業の注力市場と位置づけ、今後も長期にわたり顧客のオペレーションに貢献すべく受注活動を続けていくとしている。

#新幹線 #鉄道技術 #電車


東芝インフラシステムズ、台湾高速鉄道の更新設備・設置工事を受注

関連記事

凸版印刷、鉄道事業者7社連携によるAIを活用したお客様案内の実証実験に参加

沢口靖子「鉄道捜査官」が3年ぶりに帰ってくる!“SL登場”で気になる展開

「佐賀駅」開業130周年記念!

東急「電車とバスの博物館」B棟を暫定活用したシェアオフィス公開

JR東日本など「とれいゆ つばさ」ワーケーション新幹線の旅を実施

「JR東日本高額オレンジカード」9/30に廃止 – 10/1から払戻し実施