「女子鉄アナウンサー」として活躍する久野知美さんの4冊目の著書『東京メトロとファン大研究読本』の発売記念イベントが5月3日、オンラインで行われた。

久野知美さんの著書『東京メトロとファン大研究読本』の発売記念イベントをオンラインで開催

『東京メトロとファン大研究読本』(A5判160ページ、1,650円)は、久野さん自ら東京メトロのさまざまな現場に潜入取材し、社員の思いや取組み、地下鉄の魅力と秘密、楽しみ方をマニアックに掘り下げた1冊。全12検車区の訪問レポートや、路線図にない連絡線を走る回送列車の乗車レポート、新車両の納車ドキュメント、研修センターでの研修体験など、普段は見られない東京メトロの裏側を多く盛り込んだ。

5月3日の発売記念イベントは、東京・神保町「書泉グランデ」7階イベント会場から配信。50人の視聴者とZOOMでつながり、書籍の見どころや苦労話を披露した。

『東京メトロとファン大研究読本』を手にする久野知美さん

イベント前には、報道向けのオンライン会見を実施。「コロナ禍の中、走り続けた東京メトロさんへの感謝を込めてこの書籍を作りました。読者の方にはもちろん、実際に働いている方、OBOGの方、将来お勤めになる方に対しても恥ずかしくない作品になりました」と久野さんは同書に込めた思いを語った。「夢は『この本を読んで東京メトロに入りました!』というちびっこ鉄道ファンが生まれることです」とも話した。

#東京メトロ #子鉄 #地下鉄 #鉄道番組 #作品


『東京メトロとファン大研究読本』発売イベント、オンラインで開催

関連記事

【木造駅舎カタログ】釜石線03/82 土沢駅

JR東日本の鉄道で好きな路線ランキング! 3位「東北新幹線」、2位「湘南新宿ライン」、1位は?

【YouTube】JR北海道、道南いさりび鉄道の五稜郭駅で撮り鉄してみた

ナチス・ドイツ指導者 ヒトラーとドイツ国鉄の「知られざる歴史」をひもとき、独裁国家終焉までの軌道を明らかにする『ナチスと鉄道__共和国の崩壊から独ソ戦、敗亡まで』が発売

秋の紅葉のシーズンにもおすすめ! 絶景が魅力の嵯峨野観光鉄道「トロッコ列車」に乗ってみた

JR北海道、年末年始に青函トンネル内で北海道新幹線210km/h走行実施へ