英国で日立製作所が製造した鉄道車両に亀裂が見つかり、運休が発生したことが中国でも注目を集めている。
中国メディアの環球網は10日、「英国で日本が製造した列車に問題、鉄道が大規模運休」と題する記事を掲載。英BBCの報道を引用する形で、「検査で日立製列車の一部に亀裂が見つかり、英国の多くの地域で列車の遅延や運休が発生した」と報じた。
また、「8日午前にはクラス800シリーズの列車約180両が運休し、検査を受けた。影響はGWR(グレート・ウェスタン・レールウェイ)、LNER(ロンドン・ノース・イースタン・レールウェイ)、Hull Trains(フル・トレインズ)など、多数の鉄道会社に及んでいる」とも伝えた。
環球網は、「今回の件について日立はすでに謝罪を発表しており、関係部門と協力して迅速な問題解決に取り組むとしている」と説明する一方で、「日立のクラス800に問題が発生したのはこれが初めてではない」とし、「先月にはGWRの定期検査で細かな亀裂が見つかり、6つの車両が運休した」と指摘した。
中国版ツイッター・微博(ウェイボー)でもトレンド入りするなど注目を集めており、ネットユーザーからは「データを改ざんした材料が使われているからな」「データ改ざん大国の品質問題が再び暴かれた」「さすがは匠の精神」「お辞儀をすればすべて済むのだろう」「中国製を買った方が良い」「信頼できる中国製をお勧めする」など、辛辣なコメントが書き込まれている。(翻訳・編集/北田)

#中国 #運休 #日立 #車両


日立製の英鉄道車両に亀裂、大規模運休=中国ネット民「データ改ざん大国」「中国製をお勧め」

関連記事

沢口靖子と勝村政信、「縁結びツアー」へ…『鉄道捜査官』3年ぶり最新作

五輪専用「夜行新幹線」はなぜ幻に終わったのか 組織委に懸念された「鉄道ファン」の存在

「ねこトレイン」登場 「猫遺産」企画第2弾 平成筑豊鉄道

JR西日本ダイヤ改正、越美北線の下り始発列車は3時間以上の繰下げ

JR西日本ダイヤ改正、快速「とっとりライナー」一部を普通列車に

沢口靖子「鉄道捜査官」最新作に“あの定番人物が不在?”異変にザワザワ