京王電鉄は6日、ついひじ杏奈さんを起用した新「プラットガール」を5月16日から展開すると発表した。電車で“プラッと”出かけることが大好きな「プラットガール」は2013年度からスタート。京王電鉄が発行する沿線情報誌「あいぼりー」やポスターなどを通じ、見た人が思わず訪れたくなるような京王沿線の魅力を発信する。

沿線情報誌「あいぼりー」などの配布用ラックに設置するポスター(駅構内に設置)
沿線情報誌「あいぼりー」のイメージ
車両内ドア上ポスター

新たに「プラットガール」のイメージキャラクターを務めるついひじ杏奈さんは、親しみやすくさわやかなイメージで、女優としてドラマや映画などで活躍中。今後、沿線情報誌「あいぼりー」(5月16日発行の125号から)などで京王線・井の頭線沿線のおすすめスポットをPRするほか、京王電鉄が主催するイベントにも出演し、京王沿線の魅力を発信していく。

新「プラットガール」の開始にあたり、京王線・井の頭線の各駅や電車内で連動ポスターを5月17日から展開。京王電鉄のサイトにて、新「プラットガール」を紹介するプロフィールページも公開されている。

#京王電鉄


ついひじ杏奈、京王電鉄の新「プラットガール」に – 5/16から展開

関連記事

JR東海N700S、グッドデザイン賞 – N700Sグリーン車用シートも受賞

日立の台鉄向け特急車両「EMU3000」グッドデザイン・ベスト100受賞

JR西日本「WEST EXPRESS 銀河」グッドデザイン・ベスト100など受賞

福井鉄道200形を現役時代の姿に 越前市がふるさと納税活用のクラウドファンディング

なにが独裁国家を崩壊させたのか? 「鉄道」を切り口に読み解く、ヒトラー独裁体制下のドイツ国鉄の物語『ナチスと鉄道__共和国の崩壊から独ソ戦、敗亡まで』が発売!

【木造駅舎カタログ】釜石線02/81 遠野駅2