JR東日本は6日、列車の利用状況がゴールデンウィーク前の水準に戻っていることを理由に、首都圏の一部線区で行っていた通勤時間帯の列車削減を解除し、5月7日の通勤時間帯は通常の平日ダイヤで運行すると発表した。

JR東日本が首都圏の一部線区で実施していた通勤時間帯の列車削減を解除すると発表

JR東日本では、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う緊急事態宣言の発出と国・関係自治体からの要請を踏まえ、4月30日から5月7日までの期間、平日ダイヤで運転する日において、首都圏の一部線区で通勤時間帯の列車の削減を行うとしていた。

対象線区は山手線、京浜東北・根岸線、中央線快速、中央・総武線各駅停車、青梅線、常磐線快速、京葉線。これらの線区では、朝通勤時間帯において通常本数のおおむね8割程度の運転としていた。山手線、京浜東北・根岸線、中央・総武線各駅停車は夕通勤時間帯も列車の削減を実施していた。

今回の発表によれば、列車の利用状況がゴールデンウイーク前の水準に戻ったことから、5月7日まで実施予定だった通勤時間帯の列車削減を解除するとのこと。これにともない、5月7日は通常の平日ダイヤで運行されることとなった。

#JR東日本 #電車


JR東日本、首都圏における列車削減を解除 – 5/7は通常の平日ダイヤ

関連記事

「阪急レールウェイフェスティバル2021 ONLINE」を開催! 〜当社初のオンライン鉄道イベントをご自宅等でお楽しみください〜

JR東日本、宇都宮線・日光線に新型車両E131系 – 2022年春頃投入へ

鉄道博物館、東北新幹線39周年でイベント – 200系の連結部公開など

りんかい線、天王洲アイル駅1・2番線にホームドア – 6/20運用開始

JR東日本、相模線に新型車両E131系 – 4両編成、2021年秋頃から投入

SL運行日には多くの鉄道ファンが集う篠目駅(山口線)と楚原駅(三岐鉄道)へ!「鉄道ポスターの旅」(旅チャンネル)