【ニューヨーク=村山誠】AP通信などによると、メキシコの首都メキシコ市で3日午後10時25分頃(現地時間)、メキシコ市地下鉄12号線の高架橋区間の一部が崩壊し、走行中の列車が落下した。この事故で少なくとも15人が死亡、約70人がけがを負った。

現場は市南東部にあるオリボス駅近くで、市当局は周辺の立ち入りを制限して救助活動を続けている。メキシコ市地下鉄は12路線、計200キロ・メートルを超える公共交通機関で、1日の輸送人員は400万人を超えるという。

#メキシコ #落下 #死亡 #けが


鉄道の高架橋崩落、列車が落下し15人死亡・70人けが…メキシコ市

関連記事

午前中を行く高崎線の車窓_すれ違うキヤE195系、秩父鉄道 三ヶ尻線のいま

道の駅「したら」オープンへ

鉄道減便、効果に疑問=通勤減らず混雑誘発—新型コロナ

JR四国2000系が登場した1989年、JR北海道キハ281系や北斗星24系_富士重工業 SUBARU の躍動

道の駅「したら」オープンへ=愛知県設楽町〔地域〕

知る人ぞ知る「究極」の駅が東北に? バリアフリー設備が充実した駅を旅行作家が厳選