南海電鉄 本線と空港線が接続する駅———泉佐野。

そのルーツは、1897(明治30)年、堺と佐野の間に鉄道を開業させた南海鉄道の佐野駅。

1948(昭和23)に、佐野町が泉佐野市へと移ったときに、泉佐野駅と名を変えた。

ここ泉佐野駅のまわりは、すぐ先にある関西国際空港(関空)のコンクリートモダンな空間とは対象的に、木造づくりや蔵づくりの古い建屋が並ぶ下町の世界。

古くから地元で愛されてる老舗で、どて焼、ぶた玉、瓶ビール

紀州街道の宿場町・港町として栄えた、駅の海側、若宮町や栄町などとそのまわりを夕方歩いてみると、大衆酒場、ホルモン、パブ、スナック、サロン、カフェ、酒処、季節料理、割烹、寿司、お好み焼きと、赤提灯やネオンがぽつぽつと灯っている。

「昔っからやってるお好み焼き屋でな、このへんの人らもよう行くわ」というその店の暖簾をくぐり、どて焼(80円)、ぶた玉(400円)、瓶ビールを頼む。

こちらのとなりに座った家族は、「とりあえずどて焼、20本」と。店を出たあと、夜のつばさ通り・上善寺前商店街のまわりを歩いたり、旅籠やゲストルーム、蔵のカフェなどが並ぶ元町を歩く時間もいい。

———大阪市街と関西国際空港を結ぶ特急ラピートや特急はるか、関空快速で一気にアクセスするのもいいけど、泉佐野で途中下車して3時間ほどさまよう時間もあっていい。

◆関空発着の旅にプラス1時間、空港手前で基地さんぽ
https://tetsudo-ch.com/11380912.html

◆海山川、鉄道に船に旅客機…大阪に行ったら必ず上りたい場所
https://tetsudo-ch.com/11405876.html

◆扇形車庫や転車台、久宝寺にEF58らがいたころ
https://tetsudo-ch.com/11385514.html

#空港 #関西国際空港 #南海電鉄 #明治


関西国際空港へ一気に行けない誘惑、泉佐野で3時間は過ごしたい理由

関連記事

炭鉱電車、最後の雄姿…警笛鳴らしながらラストラン

沢口靖子と勝村政信、「縁結びツアー」へ…『鉄道捜査官』3年ぶり最新作

五輪専用「夜行新幹線」はなぜ幻に終わったのか 組織委に懸念された「鉄道ファン」の存在

「ねこトレイン」登場 「猫遺産」企画第2弾 平成筑豊鉄道

JR西日本ダイヤ改正、越美北線の下り始発列車は3時間以上の繰下げ

JR西日本ダイヤ改正、快速「とっとりライナー」一部を普通列車に