JR西日本は、山陽本線厚狭~下関間が5月27日に1901(明治34)年の開業から120周年を迎えることを記念し、開業120周年イベントを下関駅で開催すると発表した。5月30日に「山陽本線(厚狭~下関間)開業120周年記念列車」を運行し、下関駅で出発式など開催する。

「SLやまぐち号」などに使用される35系客車

5月30日に運行される「山陽本線(厚狭~下関間)開業120周年記念列車」は、寝台特急「トワイライトエクスプレス」と同様の塗装に変更した電気機関車EF65形1124号機が、山口線の「SLやまぐち号」などに使用される35系客車を牽引する特別な列車として運行。始発駅となる下関駅で10時から出発式を開催するほか、10~16時に下関駅前「エキマチ広場(日本セレモニーウォーク)」で「第7回下関駅コン」(駅コンサート)を開催する。

「山陽本線(厚狭~下関間)開業120周年記念列車」の往路は下関駅10時38分発・新下関駅10時50分発・厚狭駅11時17分発・柳井駅12時55分着、復路は柳井駅14時45分発・厚狭駅16時26分発・新下関駅16時52分発・下関駅17時5分着で運転される。

記念列車の運行に先立ち、「山陽本線 厚狭~下関間開業120周年記念乗車券・記念入場券」も発売。埴生駅、小月駅、長府駅、新下関駅、幡生駅、下関駅の記念入場券と下関~厚狭間往復乗車券(B型硬券・合計8枚)、オリジナル台紙をセットにした商品で、5月27日9時から下関駅「みどりの窓口」と新下関駅(新幹線口)、厚狭駅(在来線口)にて、1セット3,000円で販売(限定1,500セット)される。販売期間は12月31日までだが、なくなり次第、販売終了となる。

#機関車 #客車 #JR西日本


JR西日本、35系客車をEF65形が牽引 – 山陽本線で記念列車5/30運行

関連記事

2021年度の鉄道事業設備投資計画【東武鉄道株式会社】

太川陽介、パワハラ指摘された『バス旅』の態度を猛省 「自分がイヤになった」

JR新山口駅、現住所は元号を用いた「山口市小郡令和一丁目2番1号」

【youtube】平成筑豊鉄道妄想駅弁の食材買い出し旅!方城特産館ふくちの郷に行ってみた

交通当局、メーデー連休の移動ピークに効果的に対処—中国メディア

有明海に面した山中にある秘境駅・赤瀬駅(三角線)と、トトロの駅・癒しの駅として有名な上総大久保駅(小湊鐵道)へ!「鉄道ポスターの旅」(旅チャンネル)