中国のニュースサイト、観察者網の1日付報道によると、バイデン米大統領はこのほど、「中国には2万3000マイル(約3万7000キロ)の高速鉄道があり、世界の高速鉄道営業距離の3分の2を占めている」とし「米国は後れを取っている」と語った。
バイデン氏は4月30日、全米鉄道旅客公社(アムトラック)の50周年を記念し、東部ペンシルベニア州フィラデルフィアの駅で演説し、米国のインフラ(社会基盤)整備は世界の他の地方に比べて後れを取っているとした上で、「中国には2万3000マイルの高速鉄道がある。時速は220マイル(約354キロ)に達し、世界の高速鉄道営業距離の3分の2を占めている。そして時速は400マイル(約643キロ)にもなる可能性がある」とした。
そして、「私たちは後れを取っている。しかし、アメリカは再び動き始めている。私たちはアメリカ合衆国にいることを覚えておく必要がある。私たちの能力を超えるものは何もない。一緒にやればできないことは何もない」と語った。
バイデン氏は3月末、8年間で2兆ドル(約220兆円)規模をあてるインフラ投資計画を発表している。(翻訳・編集/柳川)

#中国 #バイデン #高速鉄道 #世界


バイデン氏「高速鉄道建設で中国は世界の先頭、米国は後れを取っている」—中国メディア

関連記事

2021年度の鉄道事業設備投資計画【東武鉄道株式会社】

太川陽介、パワハラ指摘された『バス旅』の態度を猛省 「自分がイヤになった」

JR新山口駅、現住所は元号を用いた「山口市小郡令和一丁目2番1号」

【youtube】平成筑豊鉄道妄想駅弁の食材買い出し旅!方城特産館ふくちの郷に行ってみた

交通当局、メーデー連休の移動ピークに効果的に対処—中国メディア

有明海に面した山中にある秘境駅・赤瀬駅(三角線)と、トトロの駅・癒しの駅として有名な上総大久保駅(小湊鐵道)へ!「鉄道ポスターの旅」(旅チャンネル)