JR四国は、高松駅にデジタルサイネージ型無人店舗を設置すると発表。4月27日10時から営業を開始した。あわせて高松駅北側への「高松駅ビル(仮称)」建設計画も発表した。

高松駅の駅舎

高松駅のデジタルサイネージ型無人店舗は、インターネット通販と実店舗を組み合わせた形態の店舗に。店内にデジタルサイネージとサンプル商品棚を設置し、来店者は商品棚で商品の素材や情報を確認できる。購入したい商品をデジタルサイネージでタッチすると、QRコードが表示され、それをスマートフォンで読み取ることで決済・購入できる。購入した商品は後日、指定の場所に届く。

JR四国は、「持ち帰りが難しい大きな商品や重い商品でも気軽にお買い物が楽しめます」とメリットを説明する。通常の営業時間は6時30分から21時まで。現在は四国の名産品や四国企業の商品、JR四国の旅行業商品など取り扱っており、将来的には取り扱う品目を全国の良い品に広げていきたいとしている。

現在の高松駅の北側に建設される「高松駅ビル(仮称)」は、地上4階建ての商業棟と地上4階地下1階建ての駐車場棟で構成される。商業棟は1~3階を商業施設とし、4階は屋上広場と事務所に。駐車場棟は地下1階と地上1階を約385台収容の駐輪場、1階を店舗、2~4階を約160台収容の駐車場とする。延床面積は、商業棟約9,020平方メートル、駐車場棟約5,450平方メートル。2023年度の開業を予定している。

#駅 #JR四国


JR四国、高松駅に新方式の無人店舗を開設 – 高松駅北側に新ビルも

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も