JR東海は30日、現在実施している社員の一時帰休の期限を6月末まで延長すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で鉄道利用が引き続き低迷し、業務量が減少しているため。新幹線の乗務員らを中心に1日当たり約300人規模で一時帰休を実施する。
一時帰休は1月25日から実施。当初は2月末までの計画だったが、4月末まで延長していた。同社は5月6日から6月末まで、東海道新幹線の臨時列車の運行を取りやめる予定。

#一時帰休 #延長 #JR東海 #新幹線


JR東海、一時帰休延長=6月末まで、鉄道利用低迷

関連記事

これぞオリパラのレガシー 鉄道業界のバリアフリー化総集編 新幹線のフリースペースや駅ホームの安全対策をご紹介【コラム】

いすみ鉄道で写真撮影のロケハン・マナー講座開催へ

検査不正の工場、認証取り消し=製造・販売は継続—三菱電機

【youtube】「鉄道の日(10月14日)」に合わせたお得なきっぷ!全国JR線乗り放題!JRグループ「秋の乗り放題パス」

JR北海道、北海道新幹線延伸に伴う倶知安駅新ホーム10/31使用開始

JR東海、東海道新幹線「S Work 車両」試行 – N700S専用サービスも