エクシングとテイチクエンタテインメントは、運転室からの展望映像に合わせ、運転士喚呼や車内自動放送をテロップ表示するカラオケJOYSOUNDの人気シリーズ「鉄道カラオケ」の第10弾として、JR東日本「山手線編」を4月27日から配信開始した。

「鉄道カラオケ 山手線編」の映像イメージ
E235系の運転室から撮影した映像を使用した

「鉄道カラオケ 山手線編」は、E235系の運転室から撮影した臨場感あふれる前面展望映像を使用し、新駅の高輪ゲートウェイ駅、改良された原宿駅の新駅舎も登場。絡み合うように走る複数の路線やすれ違う多種多彩な列車など、「見ても歌っても楽しめる仕上がり」になっているという。

配信を開始したコンテンツは、山手線内回りの「新宿~代々木」「大崎~品川」「品川~高輪ゲートウェイ」「御徒町~上野」と、山手線外回りの「恵比寿~渋谷」「渋谷~原宿」「目白~池袋」「神田~東京」(全8本)。対象機種は「JOYSOUND MAX GO」「JOYSOUND MAX2」「JOYSOUND MAX」とされている。

#子鉄 #JR東日本 #電車


「鉄道カラオケ」第10弾はJR山手線 – E235系の前面展望映像を使用

関連記事

世界の鉄道車両市場は、2021年から2027年までの予測期間中、年平均成長率3.1%で成長すると予測されている

創元社「鉄道手帳」が史上最大リニューアル、ユーザー限定 鉄道手帳WEB アクセス権つき

コンカー、Suicaの利用履歴データを自動連携‐10月から提供開始

JR西日本「名探偵コナン列車」1編成が新デザインとなって運行開始

近鉄「青の交響曲」5周年企画第2弾、沿線の社寺・店舗と魅力を発信

京成「親子で電車運転シミュレータ体験プログラム」座学に実技も