小田急電鉄は5月11日、新型通勤車両5000形をモデルにした新商品「ライト付 小田急通勤車両5000形プラレール」を発売する。

「ライト付 小田急通勤車両5000形プラレール」イメージ

2020年にデビューした5000形は、「より広く、より快適に」をコンセプトに拡幅車体を採用し、流線形の車両先頭部やLED式装飾灯の配置などにより、スピード感を強調した通勤車両。同社のイメージカラーであるインペリアルブルーに加え、新たにアズールブルーの帯を施し、スマート感も表現した。

今回発売する「プラレール」は、こうした実車両の特徴を忠実に再現した商品となる。とくに、小田急線車両の「プラレール」商品としては初めてLEDライトを搭載し、特徴的な装飾灯を点灯しながら走行させられるという。

5000形の実車の外観

商品は3両編成で、価格は3,000円。小田急グッズショップ「TRAINS」の新宿店と和泉多摩川店で5月11日から、ロマンスカーミュージアム店で5月12日からそれぞれ販売開始する。「TRAINS」オンラインショップやその他の取扱店でも販売する。

#新型車両 #小田急電鉄 #子鉄 #鉄道模型 #玩具 #電車


小田急電鉄5000形「プラレール」に! LEDライトも搭載 – 5/11発売

関連記事

世界の鉄道車両市場は、2021年から2027年までの予測期間中、年平均成長率3.1%で成長すると予測されている

創元社「鉄道手帳」が史上最大リニューアル、ユーザー限定 鉄道手帳WEB アクセス権つき

コンカー、Suicaの利用履歴データを自動連携‐10月から提供開始

JR西日本「名探偵コナン列車」1編成が新デザインとなって運行開始

近鉄「青の交響曲」5周年企画第2弾、沿線の社寺・店舗と魅力を発信

京成「親子で電車運転シミュレータ体験プログラム」座学に実技も