西武鉄道は26日、新宿区により「新宿駅北東部地下通路線」(西武新宿駅と東京メトロ丸ノ内線新宿駅をつなぐ地下通路)の都市計画手続きが開始されたことを受け、この通路の事業予定者として、都市計画決定後の早期実現に向け、具体的な検討や関係者との協議を進めていくと発表した。現在のところ、工事期間は未定となっている。

西武新宿駅正面口改札付近

西武鉄道はこれまで、西武新宿駅からつながる新宿サブナードとメトロプロムナードを結ぶ新しい地下通路(約140m)の実現に向け、新宿区などの関係者と協議してきた。この通路が開通することにより、西武新宿駅と新宿駅(JR線・東京メトロ丸ノ内線)の乗換利便性が向上するとともに、新宿駅周辺の歩行者ネットワークが拡充され、まちとまち、駅とまちの回遊性が向上するという。

一例として、地下のみで移動した場合における「新宿駅北東部地下通路線」の時短効果は、西武新宿駅(地下階出入口)・メトロプロムナード間の場合、現在は約11分かかっているが、通路が開通すれば約5分となり、約6分の短縮となる。

西武新宿駅の駅舎外観
「新宿駅北東部地下通路線」位置図

この「新宿駅北東部地下通路線」事業により、西武鉄道は、東京都と新宿区が2018年3月に策定した「新宿の拠点再整備方針 ~新宿グランドターミナルの一体的な再編~」に定められる「新宿グランドターミナル」の実現に貢献するとしている。

#駅 #東京メトロ #西武鉄道 #地下鉄


西武新宿駅と東京メトロ新宿駅をつなぐ地下通路の整備計画が始動

関連記事

いすみ鉄道で写真撮影のロケハン・マナー講座開催へ

検査不正の工場、認証取り消し=製造・販売は継続—三菱電機

【youtube】「鉄道の日(10月14日)」に合わせたお得なきっぷ!全国JR線乗り放題!JRグループ「秋の乗り放題パス」

JR北海道、北海道新幹線延伸に伴う倶知安駅新ホーム10/31使用開始

JR東海、東海道新幹線「S Work 車両」試行 – N700S専用サービスも

JR東日本「485系ジパング ファン感謝デー」盛岡車両センターで開催