JR東日本千葉支社は23日、電気・軌道総合検測車「East-i」の搭載カメラで撮影した画像データにより、架線設備(トロリ線・吊架線・がいしなどから構成される設備)の良否判定を行う電車線モニタリング装置を導入すると発表した。

「East-i」の屋根上に搭載されたカメラ(JR東日本千葉支社提供)

JR東日本では、将来の労働人口の減少を見据えた仕事のしくみづくりに挑戦しており、ICTなどの先端技術を活用した技術革新に取り組んでいる。千葉支社が導入する電車線モニタリング装置もその一環となる。

千葉支社では、ビッグデータ分析にもとづくCBM型のメンテナンス手法の導入を図ることにより、安全レベルの向上をめざすという。CBMは「Condition Based Maintenance」の略で、「状態基準保全」を意味し、設備の状態に応じて最適な時期に保全を行うメンテナンス手法とされる。

電気・軌道総合検測車「East-i」(JR東日本千葉支社提供)
East-i搭載カメラにより得られたトロリ線の画像(JR東日本千葉支社提供)

従来の架線設備検査では、線路に載せた高所作業車を使用し、夜間に電力係員が至近距離から架線設備の状態を確認していた。これに対し、千葉支社が導入する電車線モニタリング装置は、「East-i」に搭載したカメラにより、架線設備の撮影を行うシステムとなる。導入直後は撮影した画像データを人間が判定するが、2021年10月からは画像中の金具をシステム(AI)が自動認識して金具の状態の良否判定を行い、その後、人間が最終チェックを行う方法に切り替える予定だという。

電車線モニタリング装置は4月から導入され、導入線区は総武本線(佐倉~銚子間)、成田線(成田~我孫子間)、成田線(成田~松岸間)、内房線(蘇我~安房鴨川間)、外房線(蘇我~安房鴨川間)、東金線(大網~成東間)、鹿島線(香取~鹿島サッカースタジアム間)と、貨物線の新金線(新小岩~金町間)とされている。なお、列車本数の多い首都圏の線区では、営業車を使用したモニタリングを2023年度から導入予定となっている。

#JR東日本 #鉄道技術


JR東日本「East-i」搭載カメラによる電車線モニタリング装置を導入

関連記事

『タモリ倶楽部』鉄道ファンも知らない? 「超ニッチな鉄オタ」紹介

乗り鉄の過酷すぎる猛暑の大冒険!?「全駅下車旅」の極意

1928年製「モ161形車」お披露目、CF活用して大規模修繕

コレクションケースにおさまるミニチュア世界 生活感あふれる住宅地ジオラマ

横浜市の新交通「上瀬谷ライン」成功の鍵は – 新市長は「再検討」

2階建て新幹線「E4系 Max」がついに引退、その歴史と果たした役割とは