■グランプリは、4社の共同企画商品であり、大ブレイクした「鉄印帳(R)」付ツアー! 一般部門『ベストアマチュア賞』も発表!

この度、鉄旅オブザイヤー実行委員会は、日本国内の優れた鉄道旅行を審査・表彰する『鉄旅オブザイヤー』の結果発表及び授賞式を、2021年4月21日(水)に「大宮鉄道博物館」にて開催致しました。記念すべき第十回となった今年度、全国の旅行会社より応募された鉄道の魅力溢れる45商品の中から、鉄旅オブザイヤー実行委員会による第一次審査、外部審査員(審査委員長:芦原 伸さん)による第二次審査を経て選考されたユニークで魅力的な各部門賞を表彰、また授賞式当日による投票にてグランプリが決定致しましたのでここにご報告いたします。夢の鉄道旅行企画を募集した「一般部門」の受賞作品も発表致しました。 ※鉄旅オブザイヤーの詳細はこちらhttps://www.tetsutabi-award.net/index.html

45商品の中からグランプリに輝いたのは、株式会社読売旅行、株式会社日本旅行、株式会社旅行読売出版社、第三セクター鉄道等協議会、4社の共同企画商品『三セク鉄道のオリジナル印“鉄印”がもらえる「鉄印帳(R)」付ツアー 9つの列車をツナグ!みちのく鉄道周遊』でした!

「鉄印」は御朱印の鉄道版であり、三セク鉄道40路線を巡って鉄印を集める新しい鉄旅。「苦境にある地方鉄道を、力を合わせて盛り立てたい」というそれぞれの思いが、「鉄印帳」という新事業を軸としてひとつになり企画されました。本商品は一般メディアでも次々と取り上げられ、また鉄道ファンは競ってTwitterやインスタグラムに投稿するなど、まさに「鉄印帳」ブーム。「鉄印を集めて各社のデザインが見たい」といったコレクターや、「自然の中をゆっくり走るローカル線に乗りたい」といった鉄道マニア等、参加者の皆様にとっても大満足なツアーとなりました。

「御朱印帳をモチーフにした「鉄印帳」のアイデアは、路線網が分断されている第三セクター鉄道をつなぎ、利用促進を図る意味で革命的なイノベーションである。また、駅長や駅員の御筆による御朱印は、鉄道を愛する者にとっては何物にも替えがたい宝物である。これを我が手にできる喜びを実現した本コースは、経営難に苦しむ第三セクター鉄道を救済する面も含めて、二重の意味で称賛に値する。」(崎本審査員)など非常に高い評価を集めました。

一般部門では、鉄道旅行ファンから「夢の鉄道旅行企画」を募集。「ベストアマチュア賞」は、2021年10月のデスティネーションキャンペーン開催地である四国4県を対象とした、東浦拓斗さんの作品『四国の三兄弟に会いに行く!小学生が考えた四国全県制覇の旅!!』が受賞し、賞金と記念品が贈られました。

全体総括として「今年は色々とアイデアが磨かれ、驚く企画が非常に多かった。今後ますます皆様のアイデアが新たに生まれる事を期待しています。」と芦原伸審査委員長のお言葉で締めくくられました。

■10年を振り返り!鉄道好き著名人が、新幹線を大妄想!?
授賞式終盤では、鉄道好きで知られるダーリンハニーの吉川正洋さん、女子鉄アナウンサーの久野知美さん、ホリプロマネージャーの南田裕介さんが、第10回を記念して過去10年の鉄旅オブザイヤー受賞作品を振り返り。また「こんな新幹線あったらいいな!」とそれぞれが新幹線を大妄想!新幹線の中にジム!?、ネイルサロンが出来ちゃう新幹線、1両編成の「Minitoki」等、三者三様の想いが見えた妄想トークがさく烈し、会場は笑いに包まれました。

※新型コロナウィルス感染症防止対策を徹底の上実施しております。

#旅行 #グランプリ #鉄印帳 #ブレイク


ついに鉄道旅行のナンバーワン決定!『鉄旅オブザイヤー2020』グランプリは、三セク鉄道のオリジナル印“鉄印”がもらえる「鉄印帳(R)」付ツアー9つの列車をツナグ!みちのく鉄道周遊

関連記事

『タモリ倶楽部』鉄道ファンも知らない? 「超ニッチな鉄オタ」紹介

乗り鉄の過酷すぎる猛暑の大冒険!?「全駅下車旅」の極意

1928年製「モ161形車」お披露目、CF活用して大規模修繕

コレクションケースにおさまるミニチュア世界 生活感あふれる住宅地ジオラマ

横浜市の新交通「上瀬谷ライン」成功の鍵は – 新市長は「再検討」

2階建て新幹線「E4系 Max」がついに引退、その歴史と果たした役割とは