京成電鉄と京成バスは、5月9日の「母の日」に合わせ、4月29日から5月10日まで、市川真間駅の駅名看板を「市川ママ駅」、市川真間駅バス停を「市川ママ駅」の表記に変更すると発表した。

「市川ママ駅」の駅ホーム設置看板
「市川ママ駅」の駅名標

市川真間駅の読みが「いちかわまま」であることにちなみ、5月9日の「母の日」に合わせて実施するもので、駅名看板やバス停をカーネーションで彩ったデザインに変更する。期間中、市川真間駅限定の記念乗車券の発売や電車カードの配布なども行う。

記念乗車券「市川ママ駅記念乗車券」は、市川真間駅から880円区間の乗車券で、購入すると限定電車カードと特製缶バッジがプレゼントされる(缶バッジはなくなり次第終了)。4月29日10時から、市川真間駅にて880円で販売される。

補助駅名標(カーネーション)
補助駅名標(パンダ王妃)
バス停(イメージ)
記念入場券デザイン(表面)
記念入場券デザイン(中面)

その他、近隣保育園・幼稚園・小学校から募集した母親似顔絵を市川真間駅改札内で展示するほか、日本対がん協会との乳がん啓発活動、募金BOXの設置、リーフレットの配布など予定されている。

#駅 #記念きっぷ #京成電鉄


京成電鉄、市川真間駅の看板「市川ママ駅」に – 記念乗車券も発売

関連記事

『タモリ倶楽部』鉄道ファンも知らない? 「超ニッチな鉄オタ」紹介

乗り鉄の過酷すぎる猛暑の大冒険!?「全駅下車旅」の極意

1928年製「モ161形車」お披露目、CF活用して大規模修繕

コレクションケースにおさまるミニチュア世界 生活感あふれる住宅地ジオラマ

横浜市の新交通「上瀬谷ライン」成功の鍵は – 新市長は「再検討」

2階建て新幹線「E4系 Max」がついに引退、その歴史と果たした役割とは