岩下食品(本社・栃木県栃木市)は、新型コロナウイルスの感染拡大で観光客が激減し、厳しい経営環境にある銚子電鉄(本社・千葉県銚子市)に協力し、岩下の新生姜(しょうが)パウダーを使ったスナック菓子「激しく辛(つら)い まずい棒 岩下の新生姜味」を商品化した。17日から販売している。

「まずい棒」は、同電鉄が「経営状態がまずい」という言葉にかけて2018年に発売。シリーズ化され、計250万本を売り上げたヒット商品で、今回は第7弾。同電鉄の竹本勝紀社長の高校、大学の後輩である岩下食品の岩下和了社長が協力して実現した。

さわやかな酸味と岩下の新生姜の味が特徴。17日には、栃木市にある岩下食品の企業博物館「岩下の新生姜ミュージアム」で両社長が出発式を行い、「『まずい』だけど、うまい」などとPRした。

10本入り450円(税込み)。同ミュージアムや岩下の新生姜オンラインショップで販売している。

#経営 #ヒット商品 #岩下食品 #栃木県


ヒット商品「まずい棒」、救世主になって…経営厳しい銚子鉄道

関連記事

軽ワゴンの女性「車が来ないか気を取られ、警報音に気付かず」…踏切で列車と衝突

栗橋駅デッドセクションのまわりを歩く鉄さんぽ1時間

近鉄12200系の名阪特急を運転、中川短絡線も通過 – ラストラン迫る

愛される「ガチャコン電車」 滋賀の老舗私鉄・近江鉄道 「人と環境にやさしい交通をめざす全国大会in滋賀」から【コラム】

SKE48・須田亜香里、『バス vs 鉄道』で大号泣 相手チームにあおられ…

『バス vs 鉄道旅』勝敗わけた運命の1路線に太川陽介絶叫 バス旅の経験が仇に…