インドで監視カメラが捉えていたのは、目前に迫る列車から線路に落ちた男の子が救い出される決死の救出劇でした。

インド西部・ムンバイ近郊の駅のホームを母親の手を引いて歩く男の子。次の瞬間、線路に転落してしまいます。前方から急行列車が迫ってきますが・・・、線路の上を全速力で走ってくる男性が間一髪で男の子を救出しました。

地元メディアによりますと、6歳の男の子を救出したのは鉄道職員で、男の子の母親には視覚障害があったということです。鉄道当局は職員について、「命をかけて子どもを守った勇気ある行動に敬意を表する」とコメントしています。(21日14:29)

#インド #転落 #職員 #救助


インドで線路転落の男児 鉄道職員が間一髪で救助

関連記事

事故防止と被害者支援続ける=信楽鉄道事故30年—元TASK共同代表

東武トップツアーズ、東武鉄道100系スペーシア「リバイバルカラー車両」で行く鉄道お買い物ツアーを販売

西武鉄道40000系、3編成を増備 – 2021年度の鉄道事業設備投資計画

「西武・電車フェスタ」開催へ「レッドアロークラシック」ツアーも

西武鉄道、山口線で1960年代のカラー再現したラッピング電車を運行

西武鉄道、ライオンズの選手・監督を起用した電車マナーポスター